2009年04月23日

<ゲゲゲの女房>ヒロインは20代後半〜30代の女優で 「笑って泣ける夫婦愛を」制作会見について書いてます。

喜びも悲しみも幾年月・・
ちょっと時間が空いたんでカキコしますね。
今日は芸能界番組情報から、<ゲゲゲの女房>ヒロインは20代後半〜30代の女優で 「笑って泣ける夫婦愛を」制作会見について書いてます。について書いてみました。

(今日の話題ここからデス)

<ゲゲゲの女房>ヒロインは20代後半〜30代の女優で 「笑って泣ける夫婦愛を」制作会見
4月23日12時44分配信 毎日新聞


来春のNHK朝の連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」会見の様子

来春放送されるNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の制作発表が22日開かれた。「ゲゲゲの鬼太郎」のマンガ家・水木しげるさんの妻、武良布枝(むら・ぬのえ)さんのエッセーが原作。脚本を担当する山本むつみさんが「高度経済成長で世間がイケイケの時に、大変な極貧生活の中で温かで愉快な夫婦の家族物語となっています。物質的な豊かさとは違った意味での幸せを描いていければ」と意気込みを語った。

【関連記事】NHK朝の連ドラに決まった「ゲゲゲの女房」

舞台は、昭和30〜40年代の東京都調布市。戦争で左腕を失いながらも、好きなマンガに命懸けで打ち込む夫を支え、貧しい生活でも笑顔を忘れずおおらかに生きるヒロインとその家族を描く。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000005-maiall-ent
(今日の話題ここまでデス)

これで終わりです。
この感じですすめたいと思います。
では!



よっかたらチェックしてみてくださいネ。
  • 美奈子の何ですか日記

  • 通販おすすめ商品

  • お役立ち情報サイト

  • クリスマス

  • ニット



  • posted by リョウコ at 13:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。